腰痛の原因ーマッサージハウスの手が届かないところに

 

  腰痛に悩む日本人の数は、2800万人と言われています。6人に1人は腰痛持ちということになります。

 

  腰痛の原因は様々ですが、すべて合わせると日本人の90%が一生に一度は腰痛を経験すると言われています。

 

  「こんなに痛いんだから骨か関節にかなりの問題が生じているに違いない」

 

  ところが腰痛全体の約85%はレントゲンなどの検査で異常が見られない、つまり原因不明の腰痛症と診断されます。

 

  たとえ非常に強いヘルニアの持ち主であっても無痛であったり、所見でヘルニアがほとんど認められなくても、強い痛みを訴える人がいます。

 

  つまり、ヘルニアが見つかったとしても、それが一義的な腰痛の要因と考えるのは早計ということです。ヘルニアではなく、別のところに原因があるかもしれないわけです。このことがあまり知られていません。

 

  実は、腰痛の原因の3割は臀部にあり、2割は腹部にあります。

 

  そうなんです!臀部と腹部を合わせて5割(一見腰とは関係のない部位)に問題があるわけです。

 

  ギックリ腰であってもー急性・慢性の違いこそあれー原因は同様です。

 

  臀部くらいは一連の施術で行いますから、街のマッサージハウスで治ることもあります。

 

  しかし、腹部が原因の場合はマッサージハウスではどうしようもありません。腹部の原因となるトリガーポイントを知っていないと改善できません。

 

 

腰痛の原因  〜 腹部のインナーマッスル

腸腰筋のトリガーポイント
腸腰筋のトリガーポイント

  背骨を支えている筋肉の多くは背中側についています。

 

  ですから、それらの筋肉に原因がある場合、背中を押して腰痛が取れる場合があります。

 

  しかし、見逃されがちですが、腹部側にも背骨を支える姿勢筋があります。

 

  その一つが腸腰筋ー腸骨筋&腰筋(大、小)とも呼ばれますーは腹部側から背骨を支える深層筋(インナーマッスル)です。アスリートの間ではコアマッスルとして、体幹の要として挙げられます。

 

 

  長時間の座位、特に膝を上げた状態での座位は腸腰筋に問題を生じさせる可能性が高くなります。自動車のバケットシートも同様です。

 

  また、ゆがんだ姿勢も当然、腸腰筋に負担をかけます。前傾、猫背は体が倒れないように腸腰筋を含めた姿勢筋が常に収縮しバランスを取ろうとします。結果、トリガーポイントが形成されます。

 

  この腸腰筋のトリガーポイントを沈静化させると、あらフシギ!?痛みが緩和するのです。腸腰筋の直接的なマッサージは困難だと思われていますが、リフレパシー整体なら、アプローチが可能なのです。

 

  どこに行っても治らない腰痛にお悩みの方は、臀部と腹部のトリガーポイントをもれなく沈静化して痛みが取れるリフレパシー整体をぜひお試しください!

 

 

 

 

リフレパシー整体の関連記事

 

  • リフレパシー整体とは・・・リフレパシー整体とはどんな施術なのか、Reflepathy Uchidaはどんな施術方針を持っているのか?
  • Reflepathy Uchidaのこだわり・・Reflepathy Uchidaの7つのこだわり
  • 貴方の症状に関して ・・・偏頭痛、酷い肩こり、つらい腰痛など、自分が持つ症状に対してリフレパシー整体は効果があるのか?
  • 足ツボ(反射区)  ・・・リフレパシー整体が採用する中国足心道の反射区療法は、どのような効果が期待できるのか?
  •  足裏で見える健康状態 足の裏には身体のすべての情報が詰まっている!悪くないのに足ツボが痛むのはなぜか?

 

 

 

 

リフレパシー整体Reflepathy Uchida

  096-3396-742     (完全予約制)

251 Đường 9A, KDC Trung Sơn,  

Bình Hưng,Bình Chánh, Tp.HCM

(地図) 

AM9:00~PM7:00

水日曜定休

 

友だち追加

トリガーポイントと足ツボでズバッとコリを解消!

copyright (c) 2017 リフレパシー整体Reflepathy Uchida all rights recerved.